プロジェクト・マネジメントのプロセス構築

プロジェクトを通して安定した成果を挙げていますか? 

様々なプロジェクト管理手法を社内で構築したり、或いは社外の手助けを得て導入している企業は数多く存在します。しかし、新製品開発、技術、オペレーション、IT、マーケティングといった重要な領域での活動を着実に推進するための、信頼できる安定した仕組みとなっているでしょうか?

過去に成功した実績のある手法やツールを標準化してプロジェクトを推進していますか?
 

それともこのような課題を抱えていますか?

  • プロジェクトを期限通りに予算内で完了させられないことが多い
  • プロジェクトを定義し、計画し、進捗状況を報告するために使われるツールや帳票類が標準化されていない
  • プロジェクト・マネジャーが手間を省こうとして後々大きな問題に発展する
  • 過剰な社内手続きによってプロジェクトの進行に遅れが出る
  • プロジェクトに関する承認事項や実施事項に対する責任が不明確である
  • プロジェクトに期待された重要な成果が得られていない


このような尺度で十分成果は出せていますか?

効率 品質 コスト
期限内に完了するプロジェクトの割合 当初目標を達成するプロジェクトの割合 予算内で完了するプロジェクトの割合


 

ケプナー・トリゴーのソリューション

プロジェクト・プロセス改善

既存のプロジェクト管理手法を拝見し、より早く、無駄のない、効果的な方法が導入できるよう、課題のある箇所を特定します。

プロジェクト管理

どのような組織においても、プロジェクトを通じて成果を出すことが求められています。プロジェクトは規模も性質も複雑さも多種多様ですが、いかなるプロジェクトも、携わる全員で共有できる進め方やプロセスが存在しないと成功は覚束きません。効果的なプロジェクト管理を実践することで、より少ない時間で、より少ないリソースでより多くのことを達成できるようになります。