各プロジェクトと戦略との間の整合性

ビジョンを行動に移せていますか?

ロンドン株価指数1000に含まれる200社に対するフィナンシャル・タイムズ紙の調査によると、役員の80%が正しい戦略を持っていると考えているが、それをきちんと実行できていると感じているのはわずか14%でした。

プロジェクトなどの取り組みが目標を果たせないとき、たいていの場合、これはビジョンや意思の欠如によるものではありません。ほとんどの場合、アイディアを現実のものとすることに失敗している理由は、その実行面にあります。効果的にプロジェクト管理ができている組織では、どの戦略・業務上の目標が最重要であるかが明確になっていて、的確なプロジェクト運営によって確実に目標を達成しています。
 

こんな経験をしていませんか?

  • 定められた戦略がどうしても着実に実施されない

  • 数多い優先度の低いプロジェクトが重要な経営資源を食いつぶしている

  • プロジェクトは実施されたが、結果としてビジネス上の目標は達成されなかった

  • 各部門やチームが独自に動き、組織全体の目標達成に向けて連携がほとんど取れていない

  • 必要かどうか疑わしいプロジェクトをなかなか中止することができない

 

これらの基準に対してあなたはどうしていますか?

効率 品質 コスト
プロジェクトの中断、仕切り直しの頻度 戦略目標の達成 内部収益率(IRR)

 

 

ケプナー・トリゴーのソリューション

プロジェクト・ポートフォリオ・デザイン

まず戦略目標を明確に示し、優先順位をつけます。次に、目指す結果を確実に達成するためのプロジェクトのポートフォリオを作成します。


ポートフォリオ管理/プロジェクトオフィスの導入

世界トップクラスのプロジェクト管理は、プロジェクト業務をサポートする体制が整い、経営資源を重要なプロジェクトに集中させることができるような組織においてこそ可能です。