設備・固定資産のコスト削減/稼働率改善

設備のパフォーマンスを改善する手段を理解していますか?

事業から最大の価値を創出する上で、持てる設備を効率良くフルに稼働させることは多くの企業にとって大変大きな課題となります。より少ない設備でより多くの仕事をこなすためには、絶えず生産性を向上させる必要があります。パフォーマンスの足かせとなる要素をいち早く明らかにし、最大のリターンを得るための活動に結び付けることが勝敗の鍵を握ります。固定資産の稼働を向上させ、コストを削減し、競合相手に対して優位に立つための最善の活動を明確にすることに他なりません。

 

こんな問題を抱えていませんか?

  • 設備が本来の性能を発揮しない
  • 品質が安定せず、工程にバラツキがある
  • プロジェクトが計画通りに進まない
  • 同じ問題に繰り返し悩まさていれる
  • 加工費がコントロールできない
  • 出来高が安定しない


これらの指標に対して、満足の行く成果をあげていますか?

効率性 品質 コスト

設備稼働率

歩留まり

加工費

全体的な設備効率

不良率

製造原価

設備準備率

廃棄物

メンテナンス費用

解決までの平均時間

顧客クレーム件数

在庫水準

故障間の平均時間    




 

 

ケプナー・トリゴーのソリューション

設備の稼働向上―KT-ステップチェンジ

KT-ステップチェンジでは、まず実現可能な改善幅を明らかにします。そして、その改善を実現させるための施策を明らかにした上で、成果が目に見える形でその施策の導入を支援致します。また、この一連の活動を通して、同様の改善活動を繰り返しクライアント企業が自ら企画して実行できるスキルを身に付けて頂けます。