【無料セミナー】ITIL®プロセス:問題管理とケプナートリゴー法

セミナー概要

グローバルでITサービスマネジメント及びITガバナンスのコンサルティングとITIL資格の研修と試験をしている日本クイント社様主催のセミナーにて、ケプナートリゴー法(KT法)を体験できる簡単なワークショップを行います。

日本クイント様の講演パートではITIL®問題管理について、弊社の講演パートでは簡単な演習を通じてKT法の問題分析手法を体験して頂きます。ITサービスマネジメント領域の研修企画をされる人材育成ご担当者様、日頃根本原因の究明にお困りの方は是非この機会にご参加ください。

 

◆日本クイント様講演内容 ※前半2時間

今回のセミナーでは、問題管理プロセスを中心にITサービスマネジメントであるITIL®の概要についてお話しいたします。

ITIL®と問題管理プロセスとは。ITサービスを上手に管理するためのプラクティスを英国政府(*)によりまとめられた書籍です。

このプラクティスの一つに問題管理プロセスという活動があります。

そして問題管理プロセスは、ITの障害に根本である原因を取り除く活動で、その活動を支援する問題解析技法の一つとしてKT法が紹介されています。

 

 そこで、今回は

   ・ITサービスマネジメントとITIL®とは何か。

   ・問題管理プロセスとは何か。

 をお話いたします。

 

ご参考:日本クイント株式会社 https://www.quintgroup.com/ja-jp/home/about-quint/

 

*・・・ITIL(r)は2014年にAXELOS Limitedに移管されました。

 

◆ケプナートリゴー社講演内容 ※後半2時間

「ケプナートリゴー法」とは、米国の社会心理学者ケプナー氏とトリゴー氏が「優秀なマネージャーの成功の秘訣な何か」というテーマの元に1500件以上の事例を分析し、その中から成功事例に共通する秘訣を見出し、それを思考方法として体系化したものです。

経験や思い付きで判断したり行動したりする前に、今一度手元にある情報を整理し合理的に考えることで、確実に誤った判断を減らし、業務の精度と効率を著しく向上させることができます。

このKT法は60年の長期にわたり問題解決力向上、論理的思考力向上に有効な手法として多くの企業・組織で活用され続けております。ITIL®サービスオペレーションの中では、優れた問題解決手法の一つとして推奨されており、問題分析力強化やサービスマネージャーの育成においても広く活用されています。

今回はその概要と、問題分析プロセスであるPA(Problem Analysis)を簡単なグループワークを通してご体験頂きます。

 

開催概要

開催日

2018727日(金) 13001700  ※満席

②2018年9月19日(水)   9:00~13:00 *受付開始 8:45 

③2018年9月19日(水) 14:00~18:00 *受付開始13:45

会場

日本クイント 神保町教室

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目13番地2号文銭堂ビル6F

参加費 無料
対象

企業・組織の情報システム部門の責任者様

企業・組織の情報システム部門でサービスマネジメントに従事する方

IT関連企業のサービスマネジメント部門のマネージャー様

IT関連企業の人材育成企画ご担当者様

お問い合わせ

Kepner-Tregoe JAPAN, LLC.
事務局 担当:松本 Mail: tmatsumoto@kepner-tregoe.com

TEL 03-3401-9521

※1社様あたり最大2名様までのお申込みとさせて頂いております。ご了承ください。

お申込み

事務局までメールにてご参加者の企業名・部署名・お名前・お電話番号・メールアドレスをご連絡下さい。