プロジェクトの計画・実行プロセス改善

実用性と有効性の両立

多くの場合、プロジェクトを承認し、計画し、実行するためのプロセスが、プロジェクトを成功させるよりもむしろ足を引っ張ることがあります。

このような点にも目を配り、合理的かつ効果的なプロジェクトマネジメントの手法を全員で共有することにより、プロジェクトの立案と実行がより確実なものになります。また、プロジェクト実行中に起き得るさまざまな課題やリスクを想定し、素早く対応できるようにもなります。プロジェクトメンバーが、共通のアプローチと言語を使用することで、同じベクトルに向かって協業できるようになります。

成果の事例

  • 新商品開発プロセスの見直しにより、富士フィルム・エレクトロニック・イメージング社では新製品の商品化までの時間を20%短縮

 

弊社のソリューション

プロジェクト志向の企業文化を築く

弊社では、クライアント企業の既存のプロジェクト・マネジメントの体系や社内文化を理解し、円滑なプロジェクト運営への阻害要因や不備な点を特定することで、より迅速で無駄のない、効果的なプロジェクト・マネジメントの体系を構築します。

次に、この新しいプロジェクト・マネジメント体系に基づいて実際にプロジェクトを運営するプロジェクト・マネジャーやリーダーの育成を支援します。

 

詳しくは弊社までお問い合わせください。