業務プロセス改善(BPI)

毎日を最高の日にする

組織で業務に取り組む上で、業務プロセスが成否の鍵を握っていると言っても過言ではありません。組織のパフォーマンスを向上させるには「仕事のやり方」、つまり業務プロセスの改善は不可欠です。

ケプナー・トリゴーの業務プロセス改善手法は、どの領域が全体の足を引っ張っていて、どのプロセスが戦略の実行や達成に向けての阻害要因となっているかを、明確にします。取り組みの成果は、QCD(品質、コスト、デリバリー)の全ての面で期待できます。

成果の事例

  • 3つの地域のサービス業務の手順を一本のグローバル手順に統合
  • 製造工場で、競争力強化のために段取変え作業を最適化
  • スマートフォンの製造会社において、カスタマー・サポートの所要時間を削減し、顧客満足度を改善
     

弊社のソリューション

業務プロセスの改善

どのような業務プロセス改善も、戦略上の目標に沿うものでなければなりません。クライアントと共に調査と改善が必要な重要プロセスを特定し、業務プロセス改善の活動と目標がはっきりと定義されるよう支援致します。

改善は、次のような糸口で。

  • プロセスの定義(現状ではどのように仕事がなされているか)
  • 既存プロセスの実力測定(起点・基準値の確立)
  • プロセスの安定化(変動要素を取り除く)
  • プロセスの改善(「あるべき姿」の構築)
  • 継続的な測定と管理を通じて「あるべき姿」の維持


一旦改善されたプロセスが定着すれば、その後も持続的な改善が可能となるような仕組み作りをします。ケプナー・トリゴーの問題解決・意思決定手法(PSDM;KT法)およびプロジェクト・マネジメント手法(PMW)を活用することで、業務改善プロジェクト実行に必要な思考スキルと運用方法を身に付けることができます。プロセス・マッピング、業務フロー、業務プロセス分析、各種業務指標などと組み合わせることで、効果的な業務改善手法を確立します。


御社においてどのような効果が見込めるか、詳しくはお気軽にお問い合わせください。