変革の促進

実行する能力

変革を起こすには、複数のチームや部門にまたがって確実にかつ明確にコミュニケーションを図る必要があります。新たな戦略を実行に移す場合も、新しい業務に関する取り組みであっても、プロジェクトを効果的に運営できるかが、成功するか否かの鍵を握ります。

ケプナー・トリゴーのプロジェクトマネジメント手法は、期限内に、予算内に、目標通りにプロジェクトを実行できる手法として実績を残してきております。

成果の事例

  • ある大手企業にて111のプロジェクトを時間内に完了した
  • 期限内に完了したプロジェクトの割合が初年度だけで56.4%から90%に上昇した
  • コスト管理が改善され、平均12万ドルの赤字から9万ドルの黒字になった
  • 加工費および材料費で数百万ドルの節約を実現した
  • 新設工場での量産開始を記録的なスピードで実現した
  • 海外工場への製造工程の移管を予定通りに完了、大幅なコスト削減を達成した

 

弊社のソリューション

プロジェクト・マネジメント・ワークショップ(KT-PMW)

どのような組織においても、プロジェクトを通じて成果を出すことが求められています。プロジェクトは規模も性質も複雑さも多種多様ですが、いかなるプロジェクトも、携わる全員で共有できる進め方やプロセスが存在しないと成功はおぼつきません。

プロジェクトメンバー管理(パフォーマンスシステム)

プロジェクトを着実に進めるためには、そのプロジェクトのメンバー一人一人に働きかけ、動機付けを与える必要があります。どうすれば「人の問題」に足を引っ張られることなく、プロジェクトメンバーの前向きな参画を得られるかが鍵を握ります。