問題解決力の向上

次世代のリーダーを育成する

企業組織にとって、自律的に課題を解決できるリーダーシップを持つ人材があらゆる階層に育っていることが競争力に直結します。ケプナー・トリゴーでは、明日のリーダーに必要不可欠な合理的思考力やクリティカルシンキングのスキルと、それを駆使した問題解決力とリーダーシップを着実に身に付けていただけるようプログラムを組んでおります。

ケプナー・トリゴーの提供する「明快な思考プロセス」を通じて、一人一人の個人が明解に思考する力を身に付け、複雑なビジネス課題取り組む能力を身に付けます。問題の核心にまで掘り下げて考えることで、いかなる複雑な課題にも対処できるようになります。

また、企業の直面する最重要な課題に焦点を当てて、優先的に取り組む力が身に付きます。チームや部門、地理的場所の壁を越えて課題に取り組むためには、「共通の言語」と「共通のプロセス」は不可欠なツールとなります。

成果の事例

  • 世界的な企業が合併後、保険料を初年度130万ドル、翌年30万ドル節約することに成功した
  • コンピューターチップメーカーが長期にわたる品質不良問題を解決し、年間280万ドルの節約を実現した
  • ビニールメーカーが年間の生産高を増加させ、利益が大幅に増加した
  • 食品メーカーが作業チームの計画立案能力と意思決定能力を向上させることで130万ドルの節約を実現した
  • 米国の金融機関が繰り返し発生するシステム障害を解決し、為替決済の仕組みを復旧させることで、数百万ドルもの利息収入の維持に成功した
     

アポロ13号の船内で発生したトラブル問題分析の簡潔な活用例
チャールズ・H・ケプナー、ベンジャミン・B・トリゴー著「The New Rational Manager(新ラショナル・マネジャー)」から転載
 

弊社のソリューション

問題解決と意思決定力強化コース(KT-PSDM)

困難な問題の解決や重要な意思決定の場面では、単に「勘」に頼っていただけでは、良い結果は期待できません。勘や本能、直感などは時には新しい発想を生みますが、予期せぬ問題を引き起こすことの方が多いものです。

トラブル問題解決コース(KT-ATS)

世界トップレベルのトラブルシューティング手法を活用して生産活動の効率を高めます。情報を体系的に分類・整理し分析することで、迅速にトラブル・問題解決を実現します。