創設者 B・トリゴー博士

1927-2005


創設者 B・トリゴー博士

ケプナー・トリゴーの創設者の一人、ベンジャミン・B・トリゴー博士は、2005年4月に亡くなるまで、当社の名誉会長ならびにトリゴー・エデュケーション・フォーラムの議長を務めていました。

ケプナー・トリゴーは、合理的な問題解決・意思決定に関するトリゴー博士とチャールズ・H・ケプナー博士の先駆的な研究をもとに、1958年に創設されました。本社はニュージャージー州プリンストンにあり、世界50か国以上でビジネスを展開しています。

その創設以来、ケプナー・トリゴーはその問題解決・意思決定、計画立案アプローチを何百万人ものマネジャーたちに伝えてきました。トリゴー博士とその同僚、ジョン・W・ジマーマンが開発をした戦略的意思決定プロセスは、現在でも経営幹部の戦略策定、実行の一助となっています。現在、世界のトップ企業1,000社のうち400社以上が、ケプナー・トリゴーのマネジメントメソッドを活用しています。

トリゴー博士は一流の講師として活躍する一方、様々な著作も発表しました。彼の代表著作「ラショナル・マネジャー」(1965年)は世界中で百万人を超えるマネジャー達に読まれています。他に「新ラショナル・マネジャー:新しい世界のための改訂版」(1997年)、「戦略経営への挑戦―会社を成功に導く方法」(1980年)、「戦略経営の実現―ビジョンの構築と実践の方法」(1989年)、「成功の文化:企業理念の実践で持続可能な競争優位性を築く(邦訳未発売)」(1997年)、「学校経営者のための分析的プロセス(邦訳未発売)」(2001年)などの著作があります。

トリゴー博士はウィッティアカレッジで学士を取得し、ハーバード大学で哲学博士号を取得しました。1990年には理事を務めていたウィッティアカレッジから名誉法学博士号を授与されました。また、J.M.スマッカー社、フィラデルフィア国際問題評議会、National Alliance of Businessの役員、ハーバード大学GSAS学部長付諮問委員会の議長も務めました。1993年、トリゴー博士は公教育改革の支援を行うため、非営利団体トリゴー・エデュケーション・フォーラムを設立しました。トリゴー博士はHRD(人材開発)の殿堂入りも果たしています。