ケプナー・トリゴーについて

Clear thinking for a complex world

「合理的に考える方法を人々に教えられないだろうか」というアイディアからKepner-Tregoe社(以下「KT社」)は創設されました。創設者であるC・ケプナー(社会心理学博士)とB・トリゴー(社会学博士)は、1950年代にランド・コーポレーションに勤務していた時に、空軍で働いている人達の意思決定の事例を詳細に調べる機会がありました。その結果、「正しい意思決定」は、職位やキャリアによってなされるのではなく、行動に移る前に情報収集、整理、分析という一連の論理的なプロセスを経ることによってなされていたことを発見しました。

この空軍での調査結果をもとに、二人は引き続き、ビジネス上の重要な問題に適用できる思考プロセスを分析し、開発することに情熱を注ぎました。つまり、ケプナーとトリゴーは、複雑で、繰り返し起きる問題に対して効果的な決定を下す意思決定者と、そうではない意思決定者の思考・判断の過程をつぶさに観察し、分析したのです。この数千時間にも及ぶ研究の結果が、ラショナル・プロセス(合理的思考プロセス)=ケプナー・トリゴー・メソッド(KT法)として体系化され、企業組織に有効な思考プロセスとして浸透したのです。(彼らの著書の「ラショナル・マネジャー」 (McGraw Hill, 1965年)はビジネス書としてまとめあげられ、世界の主要言語に翻訳されています。)

KT社は設立当初、カリフォルニア州パシフィクパリセードにあったトリゴーの自宅ガレージを事務所代わりにし、そこから世界に向けてネットワークを広げました。 最初に焦点を当てたのは問題解決と意思決定のトレーニングであり、KT社は50年以上にもわたり、トレーニング業界のリーダーとしての地位を築いてまいりました。そして、数千にも及ぶ企業の経営課題を解決する支援を行ってまいりました。

現在ラショナル・プロセスは世界中の数百万人の方々に用いられ、継続的に業務上の成果を生み出しています。企業内講師(Program Leader)を養成するというコンセプトは、KT法を顧客企業に浸透するうえで、大きな効果を生み出しました。その結果、多くの成果が顧客企業の中で獲得されたのです。

KT社は企業の組織構造や業務プロセスのデザイン、調査、改革の支援に設立以来ずっと携わってきました。現在、私達の取り組みは企業、組織、業種、地理的条件を超え、グローバルでかつ、スピードが求められるビジネス環境下において、最適な意思決定を行うスキルを提供いたしております。

 

 

ベンジャミンとジョンを訪ねて

ケプナー・トリゴー共同創設者ベンジャミン・トリゴーおよび長年の同僚ジョン・W・ジマーマンとのビデオインタビュー。2005年頃。

第1部
KTの合理的プロセスの起源(8分16秒)

第2部
ケプナー・トリゴー社の設立(9分45秒)